西京区・右京区・下京区・上京区・中京区・南区・左京区・北区・伏見区・向日市・長岡京市・大山崎町など、京都市全域の一戸建て・マンション・土地などの不動産はドリームホームにお任せください。

お家大情報館ドリームホーム

お家大情報館ドリームホーム
施工例 豆知識コラム
ドリームタウンシリーズのメニュー
固定階段式ロフトをご存知でしょうか?

突然ですが、 皆さんはこれが何か分かりますか?


一見すると、部屋に見えますよね。
でも、違うんです。これはロフトなのです。
部屋の上の方によくある、荷物スペースや寝室によく使われる場所です。

皆さんご存知のロフトのイメージは、こちらでしょうか。

部屋と屋根の間にあって、中二階みたいなスペースです。
上り下りは、はしごを使います。

最近は、ワンルームマンションや、普通のお家にも増えています。

ですが、本日紹介するのは、同じロフトでもちょっと違います。

こちらです!

こちらの固定階段式ロフトです。
屋根裏スペースを有効に使って、普通の部屋のようにもできます。


このロフトは、床に琉球調の畳を引いています。それ以外の床にはフローリング。
壁や天井は、すべて普通の部屋と同じようにクロスを張っています。


他には棚や、明り取り+換気用に窓もつけられます。

そして、この固定階段式ロフトの最大の特徴は・・・・

それは、読んで字のごとく、上り下りする階段が、
1階から2階へ上り下りするのに使う、普通の階段と同じということです。


このように手すりもある普通の階段です。
はしご式と違って、両手に荷物を持っても上ることができるので、お子様でも安心です。

ですが、ひとつ注意しておいてほしいのは、
これはロフトであって部屋ではありません。
そのため、高さに制限があります。

1.4メートルより高くはできません!

また、屋根の形や建築上の制限や構造上の問題などで、
部屋の隅にいくほど天井が下がってきたり、フロアの真ん中に柱があったりすることもあります。
さらに、お家を建築する地域によっては、条例等で固定階段式ロフトの設置が
行政によって認められていないこともあります。

これから新しいお家を考えているお客様、
この様な固定階段付きロフトはいかがでしょうか?
店舗に行ってみる!
来店予約をしてみる!